風邪がこじれてきた際によくつかわれます。

効能;発熱、汗が出て悪寒し、体痛み、頭痛吐き気のあるもの。感冒、流感、肺炎などの熱性疾患。胃潰瘍、十二指腸潰瘍、肝機能障害などの心窩部緊張疼痛

処方;柴胡5.0、半夏4.0、桂枝、黄ごん,人参、芍薬、大棗、甘草各2.0、生姜1.0  小柴胡湯に桂枝と芍薬を加えた構成になっている。

作用機序;膵炎抑制作用、免疫調整作用、活性酸素消去作用を持つことが知られている。

副作用;間質性肺炎、低カルシウム血症、肝機能障害、過敏症など

注意;高齢者へは減量など

証;虚証から中間証

注:本投稿は漢方製剤を勉強するため、最低限抑えるべき項目を列挙しています。実際に投与する場合、服用する場合は、製品の添付文書、注意書きにしたがってください。