小柴胡湯の証と半夏厚朴湯の証を併せ持つものに用いる。

効能;気分がふさいで咽頭、食道部に異物感があり、動機めまい嘔気などを伴う次の諸症;小児ぜんそく、気管支ぜんそく、気管支炎、咳、不安神経症

処方;柴胡7.0、半夏5.0、茯苓5.0、黄芩3.0、厚朴3.0、大棗3.0、人参3.0、甘草3.0、蘇葉2.0、生姜1.0

作用機序;ロイコトリエン産生抑制作用、ヒスタミン遊離抑制作用、アラキドン酸代謝物抑制作用、サイトカイン産生に対する作用、好酸球に対する作用など

副作用;間質性肺炎、低カリウム血症、肝機能障害など

注意;高齢者、妊産婦への投与は注意して行う。

証;中間証

注:本投稿は漢方製剤を勉強するため、最低限抑えるべき項目を列挙しています。実際に投与する場合、服用する場合は、製品の添付文書、注意書きにしたがってください。