老眼対策として、コンタクトレンズを使い、利き目に遠用レンズ、非利き目に近用レンズを着けるのをモノヴィジョンと言います。2つの眼で同じものを見ることに対して、1つの眼で近くを見てもう一つの眼で遠くを見るので一つの眼での見え方という意味です。

私は日常生活をほとんど裸眼で過ごしていますが、老眼が進んできて、読み書きは近用鏡なしではかなりつらくなっています。ただ、診察の際は、スリットランプという顕微鏡を使うので自分の眼に合わせてピント調節できますし、カルテは紙なので自分の見える大きさで書けばよいので、裸眼ですんでしまいます。ところがコンタクトレンズに書かれた小さな数字や、患者様の保険証を見るとき困るのです。メガネのかけ外しはかなり煩わしいし、もともとよく見える目なので、コンタクトを常につけようという意欲もわかなかったのですが、モノヴィジョンがなかなか便利と気づきました。

私のモノヴィジョンは、非利き目に近くにピントを合わせた乱視用コンタクトを着け、利き目は裸眼です。思ったほど立体感も失いませんし慣れれば左右差も気になりません。コンタクトの異物感も片目だけなので半分で済みます。

遠近両用の見え方に満足できない乱視のある患者様やこれまで裸眼で過ごしてこられた方には、積極的にモノヴィジョンを進めています。