このブログの初めての投稿でも話題にしましたが、ノーザンホースマラソン、今年もエントリーしました。しかし今年はけがのため初めてのDNS(do not start) 棄権しました。練習しすぎで恥骨の疲労骨折を起こしてしまったのです。女性ランナーによく見られるらしいです。

骨折初期はX線写真ではわかりにくいことが多いらしく、私もひどい痛みで走れなくなってから1カ月以上たって診断されました。最初は肉離れかと思って様子を見ていましたが2週間たっても治る気配がなく、最初に写真を見た整形外科医には「骨は異常なさそう」と言われました。4週たっても痛みが引かず、恥骨骨折は念頭にはおいていましたので、MRIを受け、5週目に再度のX線検査を受けてやっと診断してもらえました。骨折とわかれば、負荷をかけないようにして、筋トレは指示されました。怪我をして10週でやっとラン許可が出ました。

目標に向かってたくさん練習してもけがをしたら、結局練習できなくなります。歳をとると回復に時間がかかるようになるので、けがしてはいけないですね。思えば2カ月くらい前から、そけい部に弱い圧痛があったのです。走っても痛くならないので無視していました。女性ランナーの皆さん、そけい部の痛みには要注意ですよ。場所が場所ですので、受診をためらいがちですが、恥ずかしいことは何もありませんでした。ファスナーや金属のついていないジャージのようなものを着ていけばそのままレントゲンとれますし、(検査用ズボンも貸してくれます)診察でもそのまま足を動かしたりして痛みの出方を確認していきますので。